仕事の効率アップ!オフィスのレイアウトのコツ

オフィスは毎日を過ごす仕事場ですから、なるべく不自由を感じない方が良いですよね?そこで考えるべきはレイアウトの見直しです。
なんとなく「一般的な」レイアウトになっていませんか?レイアウトが悪いと、自覚なく仕事の効率が落ちてしまいます。業務に合ったレイアウトで快適なオフィスを目指しましょう。

オフィスの「使われ方」を考えましょう

ひとくちにオフィスと言っても、使えるスペースや使う人数、業種・職種や部門部署によって事情がそれぞれ異なっています。
会議やプレゼンなど特定の目的で使用されるオフィスと、1フロアに業務機能を集中させたオフィスでは、求められるレイアウトが違っていて当然ですよね。前者の場合は「一般的な」レイアウトが既に、機能性の観点からも最適化されていることが多いでしょう。ですから今は、個別の要件を考えなくてはいけない後者について考えてみます。
基本的な事項ですが、省スペースで収容力を重視するのか、個々人の作業スペース確保を重視するのかは、オフィスのレイアウトの方向性を決める上で欠かせないポイントです。また、収容力という点では、不定期に人員が増減するケースがあるでしょうか?あるとしたら頻度はどれくらいでしょうか?特に、あらかじめ増員した場合を考えておくことは重要になってきます。

「動線」を考えると使い勝手アップ

オフィスは、学校の教室でもなければ、結婚式の会場でもありません。全員が均等に配置される必要もありませんし、どの席に誰を座らせるかを決めたら終わりでもありません。
業務中であっても他の人に声をかける必要もあるでしょうし、確認する事項や渡すものがあれば席を立って移動することもあります。こうした行動が多くなる人もいれば、自分の作業に専念することが求められる人もいるでしょう。上司の確認や決済が必要となる業務を考えると、その席への「入口と出口」を意識した配置が必要で、「行き止まり」を作らないことが重要です。また、社外や部署外の人が出入りするケースも、頻度によっては織り込んでおく必要があります。
こうした人の流れを充分に検討しておき、渋滞や邪魔の少ないオフィスのレイアウトを心掛けましょう。

「作業空間」は集中力に直結する

次はオフィスのレイアウトを、集団ではなく個人の集合として捉えます。
視界内で何かが動くと、背後を誰かが通り過ぎると、人は集中力を途切れさせてしまいます。
ゆえにクリエイターが多いオフィスでは、パーティションで三方かそれ以上を遮ったレイアウトが採用されるケースが多いのです。
ですが、個人の作業空間は広いほど良いとも言えません。左右に大きく空間が存在すると、人は落ち着きがなくなり注意が散漫になってしまいます。むしろ個人の空間が狭く限定されるほど、集中力は高くなるとも言われているのですが、狭くし過ぎると圧迫感を覚えてしまい、かえって生産性が低下します。
また、コミュニケーションを必要とする業務であれば当然、より開放的なレイアウトで自由な交流を可能とする必要があるでしょう。
このように、個の能力と組織のバランスもオフィスのレイアウトを考える上で欠かせない視点として組み込んでおきましょう。